目がチカチカするのはルテイン飲めば改善されるの?

「眼が疲れる」「眼が痛い」という苦痛を抱えている人間が、じつに増えています。睡眠や休止をとる事で病態が心為し落ち着く事があっても、少しも是正しない時は眼精疲労を疑ってみましょう。
PCでの作業においてモニタは、目線に対して画面がなるべく下になるように取り付けするのが鉄則です。モニタを見るうえで、眼が上向きになるとまぶたが開く面積が増え、角膜の表面にある水分の蒸発が進んでドライアイになりやすいといえます。また、いつでも頭部を上げているシチュエーションになるので、ネックや肩に負荷がかかります。PCの近くの状況も眼に効果を与えるので警戒が緊要です。

ルテインは、カロテノイドと呼ばれる自然の色素の1種別であり、黄味がかった色の色素です。ルテインは、ほうれん草、にんじん、かぼちゃ、ケール、ブロッコリーなどの緑黄色野菜、コーン、植物の緑葉、マリーゴールドなどの黄味がかった花の花弁、果実、玉子の黄身にいっぱい含まれています。
カロチノイドは肝臓、肺、乳ぶさ、網膜を代表する目の奥にある組織など人類の身躯の至るところに行き渡り、それぞれの細胞を管理する効果をしています。カロチノイドの種別によって消去できる活性酸素の種別、影響力のある所が異なります。カロチノイドは体内で作り出す事ができない為、食べる事を通して釣り合うように摂取することが求められています。

ただし、サプリメント全般に言えることですが、サプリメントはあくまで日常の食事で補いきれない栄養分を補足する栄養補助食品です。薬剤ではないため、摂取すれば四六時中効能が得られるという物ではありません。食生活を整え、そのうえで足りない栄養分を補う目的に使うという事を忘れないようにしましょう。
アントシアニンは試験管内では抗酸化作用、一部の癌細胞やヘリコバクター・ピロリ菌の累加を抑える働き、炎症を抑える働きなど多方面な働きを持つ事が報告されています。この事から、酸化緊張が関係があると言われる血管の問題や癌、ヘリコバクターピロリ菌がもととなる胃潰瘍、その他の発赤性患などを予防・矯正すると待望されています。しかし、アントシアニンの収着比率はたいへん低く、収着されたアントシアニンも急速に尿中に排出されます。アントシアニンの多方面な価値ある作用が試験管内だけでなく生物内でも発揮されるか、動物試行や人間試行による検査が進んでいますが、まだ論結を出すには資料が充分ではありません。活性酸素が増える理由は、紫外線やストレス、食品添加物などが大方な理由です。アントシアニンは、その活性酸素の増加を抑える抗酸化作用がべらぼうに優れていることがわかってきました。


PAGE TOP