アントシアニンもルテインも、どっちも入ってるといいよね

「アントシアニン」は、ポリフェノールの一種で、青紫色の色素構成成分です。アントシアニンなどのポリフェノールは、絶え間なく紫外線にさらされながらサバイバルしている草木が、自身の身を守る目的で作り出している構成要素で、力強い抗酸化作用がある状態で知られています。
アントシアニンとは、ポリフェノールの一つのタイプです。近年、活性酸素を防ぐ抗酸化作用があるもので話題になっています。活性酸素は、私たち人が息をすることで取り入れた酸素を種に、体内で作られるシロモノです。
花粉症に対するナチュラルプロセスや効果もあります。花粉症は、体内に入ってきた花粉を有害な代物とみなして、体の外部へと駆除しようとします。この時に”ヒスタミン”という物質が放出され、くしゃみ・鼻水・目のかゆみといった症状が出ます。アントシアニンには、このヒスタミンを減衰させるナチュラルプロセスがあります。

ふだん自覚する事はありませんが、人間はまぶたが開いている間中、目の真ん中の黄斑部や水晶体は紫外線やスマートホン、PC、テレビなどから生れる有害な光から朝夕損害を受けています。屈強な興奮にさらされ続けると目にはさまざまな障碍が起きてしまいますが、それらの弊害から目を守り、良いな視野を保つ効用をしているのがルテインです。ルテインは、カロチノイドと呼ばれる天然の色素の1種別であり、黄色の色素です。ルテインは、ホウレンソウ、にんじん、かぼちゃ、ケール、ブロッコリなどの緑黄色野菜、とうもろこし、植物の緑葉、マリーゴールドなどの黄色の花の花弁、果実、玉子の黄身に多く含まれています。
眼を開けていれば四六時中可視光線は入ってきますので、それだけ網膜の重荷は途轍も無いといえます。ルテインはその網膜を強力な可視光線から維持したり、各種目の病から守ってくれる作用をしています。

ルテインは、網膜の防護に効果のある色素構成成分として必須な肝心な栄養素です。
カロテノイドは、天然に有るする色素であり、現在750カテゴリー以上が知られています。知られた事例としては、花脣の黄色い色・橙、カエデの赤色・黄色い色、野菜や果実の黄色い色・橙・赤色のほか、サーモンのスライスやイクラの赤色、加熱したタイやエビの赤色などが挙げられます。
カロテノイドは肝臓、肺、乳、網膜をはじめとする目の奥にある器官などヒトの全身の至るところに存在し、おのおのの細胞を保護する影響をしています。カロテノイドの種別によって削除できる活性酸素の種、効果のある場所が異なります。カロテノイドは体内で作る事ができないため、御飯を通して安定的に摂る習慣が求められています。

アスタブライト


PAGE TOP