しつこい眼精疲労にほとほと困り果てる男。。。

眼精疲労とは、一体いう疲れ目の事です。そのもとは、目に変調があるか、身体の状相が劣悪か、精神的な要素によるものか、目にも身体にも障礙がないけれどメガネやコンタクトレンズが合わないか、目を酷使しているかなどが挙げられます。もし、目に障礙を感じたら、もとを正しく調べ、疾病がある時は緊急に加療をしなくてはいけません。また、就眠不足、食生活の乱れなど、暮し風習にもとがあって目が不調な時は、暮しを是正するようにしましょう。また、室内の明かりなどをチェックするようにしましょう。 パーソナルコンピュータでのオペレーションにおいてモニターは、目線に対して画面がなるべく下の方になるように取り付けするのが鉄則です。モニターを見るうえで、眼が上向きになるとまぶたが開く面積が増え、角膜の外側にある水分の蒸発が進んでドライアイになる場合が多いといえます。また、明け暮れ頭部を上げていることになるので、頸部や肩関節に負荷がかかります。パーソナルコンピュータの近くの環境も眼に影響を与えるので用心が必要です。

アントシアニンに見込める功能として、もっとも知られているのが目の健康に関するシロモノ。目の疲労困憊や視野のぼやけには、網膜にあるする「ロドプシン」という蛋白質の再構成のもたもたが差し響くします。ロドプシンの再構成を促す作用のあるアントシアニンは、目の機能の改修に役立つと考えられています。また、マウスを使った実験ではアントシアニンの白内障に対する功能も認められています。 テストでは、人の血管セルに血管を増やす物質を加え、血管の量を2.5倍増に成長させて擬似的に糖尿網膜症の状勢をつくった。これにアントシアニンを加えた所、血管の成長が抑えられ、鼠の網膜を使ったテストでも同じ様な結果が得られたという。また、鼠の網膜神経細胞に酸化圧力を増やす物質を加え、細胞の4割を滅尽させた状況でアントシアニンを加えると、それ以上の細胞の滅尽を防ぐ事ができたという。

アントシアニンは試験管内では抗酸化作用、一部の癌腫細胞やヘリコバクター・ピロリ菌の上昇を抑える効果、炎症を抑える効果など多種多様な効果を持つ事が広報されています。この事から、酸化緊張が係わると言われる血管の故障や癌、ヘリコバクターピロリ菌が原因となる胃潰瘍、その他種々の腫れる性疾患などを防止・是正すると見込されています。しかし、アントシアニンの吸着比率は非常に低く、吸着されたアントシアニンも迅速に尿中に排除されます。アントシアニンの多種多様な効果的な結果が試験管内だけでなく生体内でも誇示されるか、生物テストや人間テストによる検査が進んでいますが、まだ締括を出すには資料が適当ではありません。


PAGE TOP