アントシアニンのおかげか、少し目が楽になったような気がする

網膜とは、眼底にある組織で、眼の内部に入ってきた可視光線を大脳へと送る電気信号に変える為の変移機としての役があります。
ルテインは、網膜の守護に有効性のある色素エレメントとして肝要なものです。

アントシアニンは試験管内では抗酸化作用、一部の癌細胞やヘリコバクター・ピロリ菌の累加を抑える結果、炎症を抑える結果などさまざまな結果を持つ事が案内されています。この事から、酸化緊張が関わると言われる血管の不具やがん、ヘリコバクターピロリ菌が原因となる胃潰瘍、その他の腫れる性病気などを予防・改善すると欲求されています。しかし、アントシアニンの収着レートはとても低く、収着されたアントシアニンも迅速に体外に排除されます。アントシアニンのさまざまな価値有る作用が試験管内だけでなく生活体内でも顕示されるか、動物実験や人実験による検査が進んでいますが、まだ決議を出すには資料が適切ではありません。

眼の網膜にあるロドプシンは可視光線の刺激を受けると粉砕され、再組成されます。しかし、パソコンやスマートフォンなど眼を酷使する情況にあるとロドプシンの再組成が追い付かず眼の疲労に繋がります。アントシアニンはロドプシンの再組成を活性化させ疲れ眼の阻止、改善する作用があります。
活性酸素が増える原因は、紫外線や緊迫状態、食品添加物などが圧倒的です。アントシアニンは、その活性酸素の増強を抑える抗酸化作用が格別に優れていることがわかってきました。

テストでは、人の血管セルに血管を増やす物質を加え、血管の量を2.5倍増しに増大させて擬似的に糖尿病網膜症の様子をつくった。これにアントシアニンを加えたところ、血管の増大が抑えられ、鼠の網膜を使ったテストでも同等な効果が得られたという。また、鼠の網膜神経細胞に酸化緊張を増やす物質を加え、細胞の4割を滅失させた状況でアントシアニンを加えると、それ以上の細胞の滅失を防ぐことができたという。
仕事や私生活で欠かせないスマホやパーソナルコンピューターから出るブルーライトは目にあらゆる悪影響を及ぼします。アントシアニンにはそんな可視光の損害を防いでくれる用途があります。


PAGE TOP